カーリースで向いている人・向いていない人

最近よく耳にする「カーリース」。CM・雑誌・WEB記事等でよく耳にするけどいまいち自分が得するのかピンとこない方がほとんどなのではないでしょうか。
ここではどのような方がカーリースで「向いている」のか「向いていない」のかシーンに合わせて解説していきます。
ご自身の背景に合わせてご確認してみてください。

カーリースとは、車を契約期間に合わせて利用する期間分を支払い利用する方法の一つです。購入に比べ、利用期間を設定していることで支払わなくていい料金があるため、月々の料金を抑えることができます。また、カーリースのメリットとしてオートローンと違い、各種税金を月々の料金に含めることができることから、月々定額で利用することができます。
また、契約期間を短くすることで車両に飽きが来ることなく、新車に乗り換えることもできます。オートローンよりもお得に乗ることができる最近流行りの新しいカーライフの一つです。

カーリースに向いている人

​CASE

​1

法人・個人事業主様

法人・個人事業主で車両を会社で社用車(営業車も含みます)所有する場合、減価償却や耐用年数、決算時期を考慮して契約しなければ節税効果になりません。一方カーリースの場合は「経費」としての計上が認められており、減価償却など考慮する必要がないため、計上の簡略化ができます。

​CASE

​5

車の維持費を抑えたい方

「最近の車は壊れない」とよく聞きますが、機械なので長年乗れば乗るほど「摩耗」や「劣化」といった現象が主な原因で壊れやすくなります。車は定期的なメンテナンスも必要でどの程度すればよいのかは担当してくれるディーラーや工場にもよりけりといったこともあります。新車だったらどうでしょう?故障のリスクもありませんし、メンテナンスも最低限で済みます。そのため、毎月の維持費や税金・車検・メンテナンス諸費用など気にせず利用ができるのがNORIDOKIの魅力の一つです。

​CASE

​2

ご家族でご利用したい方

車を購入後に仕事の転勤やお子様が産まれるなど、ライフスタイルが変わることはよくありますよね。現金やローンで購入した場合、乗り換えや売却を検討されると思いますが、思っているほど買取金額は高くないのが現実です。カーリースの中でも短期間のカーリースであればそのような心配をすることなく、急な変化でも対応することができます。

​CASE

​6

定期的に新車に乗りたい方

新車を現金で購入した場合、購入金額と買取金額の差が大きい場合がほとんどです。短期間で乗り換えをしたいとお考えの方はNORIDOKIの3年短期間契約のカーリースをお勧めいたします。毎月の金額も一定で、安心して新しい車に乗り続けることができます。

​CASE

​3

急な出費をなるべく抑えたい方

自動車にかかるお金は本当に多く存在します。自動車税、車検、修理費用などなど。予想以上にかかってしまった!なんて困りますよね。カーリースの場合、毎年かかる自動車税などがお支払いに含まれているので、急な出費の心配がなく安心です。

​CASE

​7

安全機能が充実していて
故障リスクの低減など安全性を求める方

ここ数年で安全機能が充実した車が多く発売されています。「衝突安全装置」という装備がほぼ標準装備になってきています。最新機能が付いた車が低価格で乗れるのが当社カーリースのNORIDOKIです。しかも3年という短い期間で乗り換えをするため、故障のリスクも最小限で抑えられています。安心してご利用できるサービスです。

​CASE

​4

憧れの車は欲しいが
まとまった資金がない方

新車ディーラーの見積もりを見て驚く経験を持たれた方は少なくないと思います。貯金を切り崩して頭金を用意したり、値引き交渉をしても、なかなか憧れの車まで手が届く金額でない場合も。カーリースであれば予め設定された金額を支払い合計金額から差し引くことで、毎月の料金を安く設定されています。そのためNORIDOKIなら学生や主婦の方、新卒生の方も気軽に新車を手に入れることができます。

​CASE

​8

年間の移動距離が少なく
走行距離が短めの方

毎日車を利用する機会はないのだけど、家族サービスや買い物など定期的には利用するけど走行距離は短いという方、少なくないと思います。しかし現金で新車を買うほどでもないし、中古車で安い車もちょっとという方いらっしゃるかと思います。安くしかも新車で定期的に乗り換えができるNORIDOKIはこのような方にはピッタリです。

カーリースに向いていない人

​CASE

​1

長年乗り続けたい方

車の利用頻度が極端に少なく、10年乗っても3万kmといった方も中にはいらっしゃいます。オートローンなどで購入された場合、ローンを完済してもまだまだ乗れる状態の車も存在します。毎年のコストやメンテナンスを比較しても最終的にカーリースより安くなるケースもあります。

​CASE

​2​

カスタムを楽しみたい方

カーリースの利用規約の中には「原状復帰(原状回復)」というワードが出てきます。すなわち購入した状態まで元に戻さなければいけないということになります。車を所有される方の中で「ローダウン」や「社外エアロ」などの取付を検討されている方はリース満了時に戻す作業が発生しますので、少々面倒な手間がかかります。

​CASE

​3

一括で購入されたい方

カーリースの場合、保証会社の利用が不可欠となります。少なからず金利がかかってしまうというデメリットが発生します。よって現金での一括購入のほうが結果的に安くなるということになります。一方で、法人契約をご希望の場合、経費で計上ができるなどのメリットもありますので、今一度ご自身の状況と比較していただくと良いと思います。

​CASE

​4

年間での走行距離が多い方

カーリースにおいては契約上で設定された距離が存在します。NORIDOKIの場合、3年の契約で36,000kmとなっています。月換算すると1,000km乗ることができるということになります。それを超える場合は清算金が発生しますので、走行距離を気にせず走りたいという方はジョイカルのハーフマックスをお勧めいたします。